持っていない株も売れる信用取引

株の取引は、現物取引と信用取引の2種類あります。現物取引は、買いたい株の代金と取引手数料を支払って株を購入するというもので、買ってから売るという一方通行の取引しかできません。一方で、信用取引は、買い売

more...

信用取引は現物を伴わない売買です

信用取引は現物を伴わない金融取引になります。例えば、上場株式の取引において、実際に株式を保有していて売却したり、実際の株式を購入したりする取引を現物取引と呼びますが、それに対して現物を有しない取引を信

more...

信用取引の特徴と注意点について

信用取引は資金の数倍の株式売買が行えるものです。専用の口座を開いて証拠金を預ける必要があります。レバレッジをかける形となるので、株価の動きに応じて損益も数倍になる特徴を持ちます。毎日の引け値における値

more...

知っておきたい株式の信用取引

 株式投資を行う時に信用取引という方法があります。信用取引とは簡単に言うと、持っている株や資金を担保にして自分自身を信用してもらい、実際に持っている資金以上の取引を行うことができる方法です。 これには

more...

リスクはあるが当たれば大きいのが信用取引

株式の取引では、基本的に株が値下がりした時に買い、値上がりした時に売って利益を出します。当然、株価が上がれば利益が出、株価が下がれば損失を被ります。しかし、所持していないはずの株式を売る事が出来るのが

more...

信用取引を始めるにあたり

信用取引を行う上での注意点は、リスク分散を適切に行い、損失を出さないように早めの利益確定をすることにあります。