信用取引の特徴と注意点について

信用取引の特徴について

信用取引は資金の数倍の株式売買が行えるものです。専用の口座を開いて証拠金を預ける必要があります。レバレッジをかける形となるので、株価の動きに応じて損益も数倍になる特徴を持ちます。毎日の引け値における値洗いで証拠金は増減することになり、ポジションを維持するために必要な金額を割り込むと追加資金が必要になります。いわゆる追証が発生するので、指定された期日までに入金しなければ、ポジションは自動的に解消されることになります。ハイリスクハイリターンとなるので、取引には注意が必要となります。信用取引による売買高がどの程度あるのかは発表されるので、売りと買いのどちらに人気が集まっているのかを確認することができます。

役に立つの活用の仕方とは

信用取引を利用することによって、買いポジションだけではなく売りポジションも立てることができます。これは、証券会社から株式を借りる形で売却することで可能となるものです。見込み通りに株価が下がれば、売値よりも安く買い戻すことで利益を得ることになります。信用取引には清算するまでの期日が定められているので注意が必要となりますが、上手く利用することでリスクヘッジを行うことも可能です。保有する株式があり、売却したくはない場合に、相場の下落が予想される時に信用取引による空売りを行うわけです。予想通りに株価が下がれば、空売りを決済することで保有株の評価損を相殺することになります。このように空売りを上手く利用することで、取引の幅が広がることになります。

信用売りは信用取引の金利がかかりません。そのため、下げトレンドの局面では、金利負担がない現物買いと同じリターンが狙えると考えることもできます。ですので、信用取引口座の開設を推奨いたします。