信用取引は現物を伴わない売買です

市場取引が可能になっています

信用取引は現物を伴わない金融取引になります。例えば、上場株式の取引において、実際に株式を保有していて売却したり、実際の株式を購入したりする取引を現物取引と呼びますが、それに対して現物を有しない取引を信用取引と呼びます。株式を保有していないにもかかわらず信用で売却をする場合には、将来の売却価格を決めて売却の取引を株式市場でします。その将来の時点になって実際の株価が下落していれば、その時点の株価で購入して予め決めた価格で売却しますので、差額が利益になります。逆に、その将来の時点で株価が上昇していれば、高い株価で購入した株を予め決めた価格で売却しますので、差額が損失になります。差額決済の仕組みになっています。

担保になるものが必要です

信用取引は現物を伴わないので、少ない元手で大きな取引ができるメリットがありますが、損失が出た際には損失額が大きくなる可能性もあります。ハイリスクハイリターンの取引と言われます。損失が出た際の差額を決済できるだけの金融資産を担保として提供することが条件になりますので、株価の変動によって必要な担保も変動することがあります。信用取引は株式以外の金融商品においても可能ですが、投資に精通している経験豊富な投資家が行う取引であって、初心者には向きません。決済の期日が決まっていることから、相場の動向を見極めて様子を見ることもできません。現物の株を保有していれば相場の回復を待つことも可能ですが、決済の期日は予め決まっています。