知っておきたい株式の信用取引

株式における信用取引とは

 株式投資を行う時に信用取引という方法があります。信用取引とは簡単に言うと、持っている株や資金を担保にして自分自身を信用してもらい、実際に持っている資金以上の取引を行うことができる方法です。
 これには大きく分けて2つのパターンがあります。1つは、証券会社から資金を借りて買い付けを行う「信用買い」。もう1つは、証券会社から株を前借してその株を売る「空売り」という2つの方法があります。
 自己資金の約3倍の取引が可能となりますので、利益も大きくなますが、その反面リスクもある取引と言えます。
 信用取引特有のいくつかのルールと、リスクをしっかりと管理して取引をすれば、多くのメリットを得ることができる取引方法です。

取引上のルールや注意点とメリット

 信用取引にはいつくかルールがあります。例えば清算義務です。資金や株は借りているので、当然返す義務があります。いくつかの証券会社では無期限というものもありますが、6か月以内に清算というのもありますので、確認が必要です。また、持っている株の値動きによっては追証というものが発生する場合があります。これは、担保にしていた資金では足らなくなった場合に発生するもので、追証に応じることができないと、自動的に決済されてしまいます。
 信用取引にはメリットもたくさんあります。持っている資金以上の取引ができるので、それだけ得られる利益も多くなりますし、空売りという手法を使えば、株価が下がっていく場合にでも利益を得ることができます。