持っていない株も売れる信用取引

現物取引との違いについて

株の取引は、現物取引と信用取引の2種類あります。現物取引は、買いたい株の代金と取引手数料を支払って株を購入するというもので、買ってから売るという一方通行の取引しかできません。
一方で、信用取引は、買い売りの順ばかりでなく、売り買いの順の取引ができます。この取引で新規で株を買う時には、お金を借りて株を購入するという仕組みになっています。逆に新規で株を売る時には、株を借りてきて、それを売って代金を受け取るという仕組みです。
このため、新規買いの時には、借りたお金の金利を支払うことになります。新規売りの時には、借りた株の貸株料を支払い、受け取った株代金の金利を受け取れます。
なお、信用取引を行うには、一定額の委託保証金を預け入れることになっています。

取引形態の違いについて

信用取引には、証券取引所の規則にしたがって行われる取引方法と証券会社との取り決めによって行われる取引があります。
証券取引所の規則に従う取引は、決済までの期間が最長で6ヶ月というような制限や、売りが優勢の株では、貸株料が受け取り金利より高くなる逆日歩がつくことなどがあります。
一方で、証券会社との取り決めで行う取引は、その証券会社によって規則は異なりますが、決済期限を定めなかったり、逆日歩がないなど使いやすいものが多くあります。また、証券会社によっては、取引手数料を一般の取引より優遇している場合もあります。
なお、信用取引で預け入れる委託証拠金は、概ね株の時価の3分の1以上とされています。また、現在のような低金利下での信用売では、金利貰い(受け取り金利-貸株料)ができません。

株の信用取引を利用することで、持っているお金以上の取引ができたり、株価が下がったときにも利益を出すことが可能になります。